ブラックジャックでルーレットの攻略法はいける?

ルーレットは数々の攻略法があります
有名な物ではマーチンゲール法、ココモ法、モンテカルロ法、98.48%法、逆マーチンゲール法などなど…

また、ギャンブルにはプレイヤーへの還元率であるRTPという指標があります。
例えば1~36の数字と「0」「00」が存在するアメリカンルーレットのRTPは約94.74%、1~36の数字と「0」のみのヨーロピアンルーレットやフレンチルーレットは約97.30%です。
参考までに、他のギャンブルでは宝くじがおよそ40%、競馬やボートレースが70%、パチンコ・パチスロが90%程です。

ルーレットは非常に高いRTPを誇りますが、「ブラックジャック」はそれ以上の数値を示します。
ルールによって差はありますが「ベーシックストラテジー」と呼ばれる最適戦略を使用した場合、おおよそ98.8~99.9%です。
99.9%ともなると、ボーナスやキャンペーンの組み合わせによっては100%を超えるケースすらあるでしょう。

ブラックジャックはベーシックストラテジーを使用することで高い利益率を誇り、ルーレットには様々な攻略法があります。
「高RTPのブラックジャック」と「ルーレットの攻略法」、この2つを組み合わせれば最強の必勝法が出来上がるのではないでしょうか?

今回はルーレットの攻略法を使ってブラックジャックを攻略出来るか、もしくは工夫してブラックジャックの攻略法に落とし込めるかを考察します。

ブラックジャックにも応用できる攻略法

ブラックジャックにも応用できる攻略法

ルーレットの攻略法の中で、そのままブラックジャックにも使える攻略法を示します。

マーチンゲール法
最も有名な攻略法ではないでしょうか。
負けたら倍、次も負けたらさらに倍、その次も負けたら倍…といった、勝つまで倍に賭けていく手法です。

2倍以上の配当金があるギャンブルなら、1度でも勝てばプラスになります。
一方で負けが続くと賭け金額が膨大になり、資金が途中で無くなってしまうリスクが大きいです。

資金管理が難しいですがブラックジャックとの相性は良く、そのまま使用することが出来ます。

ココモ法
1つ前のゲームと、2つ前のゲームの賭け金額を足し合わせていく攻略法です。

例えば最初に賭けるベットを1ドルとした場合、1ゲーム目と2ゲーム目には1ドルをベットします。
3ゲーム目では、1ゲーム目と2ゲーム目の1ドルを足して2ドル賭けます。
4ゲーム目では、2ゲーム目の1ドルと3ゲーム目の2ドルを足して3ドル賭けます。
同じ計算で、5ゲーム目では5ドル、6ゲーム目では8ドル…と足していく攻略法です。

ブラックジャックに対して使えないことは無いのですが、3倍配当を対象にした攻略法のためやや不向きです。
しかし、マーチンゲール法よりリスクは少ないです。

モンテカルロ法
数列を使用した、やや複雑な攻略法です。
配当金が2倍を対象とした「2倍モンテカルロ法」と3倍を対象とした「3倍モンテカルロ法」があります。
ブラックジャックは2倍配当なので「2倍モンテカルロ法」について解説します。

最初は「123」という数列から始めます。
この数列の両端の1と3を足して、4ドルをベットします。
負けた場合、数列を1つ追加して「1234」という並びにします。
同じように両端の1と4を足して5ドルベットします。

再び負けた場合「12345」という並びにして、両端の数を足した値をベット…といった流れを繰り返します。
もし「12345678」という数列の並びで勝った場合、両端の数字を2つずつ消して「3456」にします。

次の勝負では「3」と「6」を足して9ドルベットします。
数列が1つになるか、無くなったら終了です。
多少面倒ではありますが、ブラックジャックにもかなり有効です。

ルーレット独自の攻略法

ルーレットで使う攻略法は、「特定の数字に賭ける」「空回しをする」といったルーレットでしか行えない攻略法も存在します。
例えば「フラワーベット法」などは特定の数字の周囲に賭けることで高額配当を狙う方法ですが、ルーレット以外の応用は難しいです。

また、勝率重視の「98.48%法」は「空回し」が必須となります。
しかし、空回しならブラックジャックにも可能です。
まずは「98.48%法」の説明をします。

「98.48%法」とは、その名の通り98.48%の勝率が見込める攻略法です。
ルーレットには「ダズンベット」「カラムベット」と呼ばれる、おおよそ3分の1の確率で当選するエリアがあります。
この約3分の1で当選するエリアに4回連続でボールが入る確率は、1.52%程度になります。

つまり、3回空回しをして同じエリアに入った後、4回目にベットすれば当選確率は98.48%になる…といった攻略法です。
勝率がダントツに高い攻略法ですが、3回同じエリアに入るまで空回しをする必要があります。

ルーレット独自の攻略法

ビハインドベットで空回しが必要な攻略法

ライブカジノでテーブルが満席で座れない時、可能なアクションが「ビハインドベット」です。
ビハインドベットとは、現在ブラックジャックをプレイしているプレイヤーに対してベッティングをする行為です
賭けたプレイヤーが勝利すれば、ビハインドベットをした人物も配当金が得られます。

例えば、ビハインドベットを使おうとしているプレイヤーにベットせずにスルーすれば「空回し」が可能です。
そのプレイヤーの勝率が高ければ、3回連続で負けた場合、4回連続で負ける可能性は低いでしょう。
プレイヤーの勝率はまちまちなので「98.48%」にはならないかもしれませんが、攻略法としては有効なのではないでしょうか。

注意点として、注目するプレイヤーの行動を何戦か観察する必要があります。
ベーシックストラテジーからかけ離れていたり、無茶な賭け方をしているようだったらビハインドベットをすることをやめた方が良いでしょう。

ビハインドベットで空回しが必要な攻略法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です