勝てないマーチンゲール法を改良して稼げる攻略法にする方法を紹介

マーチンゲール法は、勝てないと言われています。
実際にマーチンゲール法のように負けて倍額をかけて、資金を一気に失ってしまうという方がオンラインカジノでは少なくありません。

そこで今回は、なぜマーチンゲール法は勝てないのか、改良して稼げる攻略法にする方法や組み合わせについて、解説します。

この記事を読めばきっと、マーチンゲール法をより確実に稼げるようにすることができるでしょう。
それでは解説していきます。

なぜマーチンゲール法は勝てないのか

なぜマーチンゲール法は勝てないのか

マーチンゲール法が勝てない理由は、4つあります。
損失が大きすぎること、リターンが少なすぎること、完全に条件にマッチしたゲームがないこと、そして資金力がものを言うことです。

マーチンゲール法は、数連敗しただけでも最初にベットした金額の10倍近い損失を出します。
そのため、負けが込んでくるとその損失は巨額なものになります。

一回でも勝てれば、その損失は一瞬のうちに解消されますが、一回も勝てないと、莫大な損失をもたらすのが欠点です。
この損失を一度でも体験してしまうと、場合によっては二度と回収できないくらいの損失を背負い込んでしまいます。

これが勝てないと言われる理由の1つです。

次がリターンの少なさです。
どんなに大逆転をしてもトータルの利益は、最初にベットした金額と同額という点が挙げられます。

例えば、極端な話をすると、1セントベットして、数万倍までベットする金額が膨れ上がったとしましょう。
その時、1回だけ勝利することで、すべての損失を回収してくれます。
しかし、トータルの利益は1セントだけです。

別のゲームで、損失をしていたとしたら、その回収はほとんど困難と言えるでしょう。
このリターンの少なさが、勝ったという実感を乏しくし、勝てない印象をもたらしてしまいます。

完全に条件にマッチしたゲームがないことも弱点です。

マーチンゲール法が適応されるオンラインカジノのゲームは、2倍配当、そして勝率50%のゲームです。
この条件をクリアしているゲームはいくつかありますが、実は完全に条件にマッチしているとは言い切れません。

例えば、バカラは2者択一で勝率が50%に見えますが、引き分けやバンカーのほうが若干有利という条件があります。
一方、配当もハウスエッジによって数%差し引かれるため、2倍配当ではありません。

最も条件が近いルーレットでさえ、厳密には勝率50%ではないのです。
赤か黒かを予想するレッド・ブラックの場合は、一見ルーレットの半分の数字をカバーしているように思えます。

しかし、赤にも黒にも当てはまらない「0」の存在が邪魔をして完全な勝率50%ではなくなっています。
僅かな差のように感じますが、何ゲームも連敗を続けていると、この僅かな確率が勝率の足を引っ張っていってしまうのです。

最後の資金力がものを言うのも特徴と言えるでしょう。
マーチンゲール法は、連敗していく際に倍ベットをすることがポイントです。

しかし、この膨れ上がっていくベット金額を支払えなくなった時点で、マーチンゲール法は崩壊します。
慣れないユーザーは少ない資金量で安易にマーチンゲール法をプレイしてしまい、資金量で負けるケースも少なくありません。

こういったベット金額が倍になっていくマーチンゲール法に耐えられないことも勝てないと言える理由です。

マーチンゲール法を改良して稼げる攻略法に

マーチンゲール法を改良して稼げる攻略法に

ここまで勝てないというマーチンゲール法を勝てる方法にするには、改良したマーチンゲール法を用いるという手もあります。
代表的なのがグレートマーチンゲール法です。

これは、倍額を増やすマーチンゲール法を更に改良し、倍額+初期ベット額あるいは3倍にすると方法です。
例えば、1ドルベットして負けたら次は2+1ドル、それで負けたら4+1ドルというようにプレイします。

また、1ドルベットして負けたら次は3ドル、それで負けたら9ドルという戦い方をする方法です。
これによって一度でも勝てば、大きな利益をもたらし、マーチンゲール法の勝てない理由であるリターンの少なさをカバーできます。

賭け金が急に増えるので資金が無いとすぐ頭打ちになるデメリットもありますが、少なくともマーチンゲール法よりは勝てないイメージを払拭できるでしょう。

攻略法の組み合わせも積極的に

攻略法の組み合わせも積極的に

攻略法の組み合わせも積極的に行うこともおすすめです。

例えば、グレートマーチンゲール法のように3倍でベットしていくのに加えて2/3法を追加します。
ダズンベットと呼ばれる3倍配当の賭け方を2箇所に配し、当選確率をほぼ2/3にします。

そして、両方にベットする方法です。
例えば、1ドルずつダズンベットを行い、負けたらそれぞれを3倍にして3ドルずつベットしていきます。

非常にハイスピードで賭ける金額が増しますが、かなり勝率が高くなるため、ある程度の資金量があれば、十分対応できます。
ただし、マーチンゲール法以上に資金量がないと勝てないので、最初に小額でプレイするか、資金をたくさん用意して望みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です